ベビーシッタートラブルに備える

初心者のためのベビーシッター情報サイト

ベビーシッターによる虐待

ベビーシッターによる虐待 ベビーシッターのほとんどは子供が好きであり、子供と仲良くなってくれます。
そのため、安心して子供を預けることができますが、ごく一部のベビーシッターは子供に対して虐待を行っています。
児童ポルノ法に抵触するような行為を行い、性的な暴行をしてしまうような人がいたり、子供を死亡させるような事件を引き起こして、逮捕されてしまうような人もいるので、自分の子供を任せても良いと思える人をしっかりと選択してからサービスを受けることが重要になっています。
ベビーシッターによる子供への虐待を防ぐ対策として、カメラを自宅内に設置する方法があります。
カメラで監視されていることがシッターもわかっていれば、不法行為に及ぶ可能性が減るため、安心できます。
また、何か問題が生じたときにも証拠として画像を残すことができることも魅力的です。
他の対策には、ベビーシッターを選ぶときに、しっかりと面接をすることも重要であり、子供の担当者と定期的に対話をすることも大切です。

ベビーシッターが子供を放置してしまう事例

ベビーシッターが子供を放置してしまう事例 ベビーシッターで働く人々の大多数が真面目に子どものお世話をします。
元々子供が好きな方々がなっている職業ですので、安心してベビーシッターに育児を代行してもらえます。
ただし、実際には極々わずかな事例ですが、ベビーシッターの方が子供を放置するケースがあります。
どういった場合に放置の現象が起きるのでしょうか。
色々な原因が考えられますが、近年増えてきているのがスマートフォンの影響です。
いわゆる手が掛からない子供はベビーシッターからすると、非常にお世話が楽です。
機嫌よく一人で遊んでいたり、お昼寝やテレビ鑑賞をしている間に、目を離してしまい自分のスマートフォンに夢中になってしまい、結果的に子どもを放置してしまう事例が増えてきました。
大事に至る事例はそれでも極々僅かです。
しかしお世話をしている人が長時間子供から目を離すと、その間にやけどや落下、ハサミや重たい道具によるケガなどが発生します。
幼い子供の場合、一瞬の油断が致命的です。