ベビーシッタートラブルに備える

初心者のためのベビーシッター情報サイト

子供が風邪を引いているときのベビーシッターの対応

子供が風邪を引いているときのベビーシッターの対応 もしもお子さんが風邪を引いてしまった場合、ベビーシッターはどのような対応を行ってくれるのでしょうか。
対応できる範囲は各社の規定によって変わります。
風邪やインフルエンザといった病気であれば、病児保育を行うケースが多いようです。
投薬が必要という場合は事前に知らせておけば、しかるべき時間に薬を飲ませる対応もします。
子供に急な体調の変化が起こった時には、すぐ親や緊急連絡先に知らせてくれるので安心です。
相談した上でかかりつけ医に、お子さんを受診させるケースもあります。
ベビーシッターによっては、直接メッセージのやりとりができるようにもなっています。
子供の状態などをすぐに確認できるので、仕事にも集中できるでしょう。
お子さんが風邪を引いている時にベビーシッターを依頼する場合は、事前に体温計や着替え、必要な薬に昼食に食べさせる食事などを準備しておきます。
必要なアイテムをきちんと揃えておけば、あとはしっかり診てもらえるので安心です。

ベビーシッターは手当ての技術はあるの?

ベビーシッターは手当ての技術はあるの? ベビーシッター業務をする上で必要な資格はなく、誰でもすぐに仕事を受けることができます。
ただし、保育に関係した業務を行う場合は、契約完了後に注意義務や安全に対する配慮義務が発生します。
例えば突発的な事故による一時救命措置の知識や、アレルギーに対する措置方法など保育業務における知識は必須です。
そのためベビーシッターを頼む方は認定資格や保育士などの国家資格の有無のどちらで契約をするのか最初に考えておきましょう。
資格を保有していなくても経験上での手当てに対して技術がある方もいますが、知識やベビーシッター経験が浅い場合には手当ての技術がないこともあります。
契約前には事前に業務経験年数や実績を知ることができるので、あらかじめ会社側にシッターに関する要望を伝えておくといいでしょう。
気になる方はシッター業務を行っている会社を探すさいに、これらの技術や知識が充実したシッターが在籍しているところを選ぶことが大切です。